がくぶん 食育資格

「NPO日本食育インストラクター協会」認定! 服部幸應先生の「食育講座」はこちら

服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪

食育の歴史・由来と食育教育の服部幸應先生

食育という言葉は、明治時代に西洋医学・栄養学否定運動を展開した陸軍漢方医、石塚左玄が『通俗食物養生法』(1898年(明治31年)「今日、學童を持つ人は、體育も智育も才育もすべて食育にあると認識すべき」)で造語しましました。なお、食育教育については、医学博士・料理評論家である服部幸應(はっとりゆきお)先生が第一人者です。服部幸應先生主催の食育インストラクター講座(通信講座)も開催されています。


服部幸應先生の食育インストラクター養成講座はNPO日本食育インストラクター協会から正しい「食」を学ぶ講座として認定されています。食育インストラクター養成講座を修了すれば、全員「NPO日本食育インストラクターPrimary」として正式認定され、名称を使って食育推進活動を行うことができます。


食育指導計画を推進するための食育インストラクター、食育指導士も年々増えてきていて、食育を取り入れた食育保育園や小学校では食育クイズをとりいれた食育の基本授業や食育のイラストを使った食育学会講座やフォーラムも人気です。食育アドバイザーやアンケート・教育、絵本や紙芝居をつかった食育レシピ・おやつなどもあり食育コンクールも開催されています。食育指導教材も最近は充実してきており子どもにもわかりやすいイラストの食育絵本や食育カルタなどもあります。


食育教材関連では、袋井市周南中学校3年の名倉郁美さんが制作した幼児向け食育絵本「なかよしあおむし」が、市健康づくり食生活推進協議会から「食育推進絵本」に選ばれ、製本されました。その食育推進絵本はかわいらしい青虫が主人公で、規則正しい食生活の大切さを紹介している。120冊を製本し、市内の食育に取り組む幼保育園などに配布して、子どもたちの食育指導に役立てられています。


食育は「食を通じて人間の生き方を見直してみましょう!」ということです。食べる人の顔を思い浮かべながら、健康を気遣いながら、安全な食材を選び、バランスに注意して、栄養を逃さずにおいしく食べる。これこそが食育といえるでしょう。まさに家族や身近なひとたちで旬の食材を中心としたスローフードででわいわい食べることが真の食育(しょくいく)といえるのではないでしょうか。食育指導士や食育インストラクターになることもいいことですがまずは身近な食事を大切にすることからはじめてみるのもいいでしょう。

食育(しょくいく)の基礎知識と食育教材や本

食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることです。食育白書や食育大辞典で勉強する人も増えてきましたね。食育基本法においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられています。これらの知識を身につけ実践する食育指導士や食育インストラクターも増えています。


食育に関する教材や本(たくさんのタイトルがあります)やゲーム、カルタ、食育問題にとりくんでいる活動もあり、食育の意味や指針をだすマクドナルドなどの企業もふえてきています。食育に関する法律・条例、食育基本法や食育にともなう栄養学、食育の必要性も近年重視されるようになり、食育指導士や食育インストラクターのもと食育の講演や食育イベントも各地で開催されています。


岩手県農林水産部流通課では、厚生労働省と農水省が作製した「食事バランスガイド」を基に、「岩手版食事バランスガイド」を発行しています。県産食材と郷土料理を活用し、「バランスを考えた献立で、健康で潤いのある暮らしと健全な食生活」を営んでもらうことが目的として、 ガイドは「1日に何をどれだけ食べたらよいか」を、性別や年齢、活動量で適量を判断するもの。主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物別に料理や食品が一目で分かり、自分の食生活と照らし合わせ、問題点や改善点がチェックできます。


食育が見直されてきた背景として、偏食、肥満、味覚障害など、日本の子どもたちは食に関して多くの問題を抱えており、キレやすい子どもが増えてきたのも乱れた食生活が原因であると言われています、そこで今、強く求められているのが子どもたちへの食育です。また「食育」が自宅で身につけられる本格的な食育通信講座などもあります。もし食育インストラクターに興味があるなら資料を取り寄せて勉強してみてはいかがでしょうか。


服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪

食育(しょくいく)の企業での広がりとロハス

食育(しょくいく)は農林、学校のほかマクドナルドやグリコなどの企業でもとりいれられています。食育は文部科学省や厚生労働省、農林水産省などの内閣府も注目しており、子どもだけでなく大人の食育にも大変重要といえます。食育にとりくんでいる千葉の小学校や幼稚園では、食育指導士のもと地産地消の考えもとりいれながら食育教育・推進運動を実践しているところもあるようです。


食育(しょくいく)の基本は旬の食材を適切に選び摂ることにあります。古来、日本料理は旬の素材を大切にしてきました。近年は、野菜の促成栽培や魚介類の養殖など季節にかかわらずほとんどのものを食べることができます。便利になった反面、食べ物の季節感が喪失してきたのも事実です。昔はビタミン剤も栄養補助食品もありませんでしたから、旬の食材をいただくということが健康を保つ一番の方法だったのです。


企業の食育に関する取り組みも活発になっていて、たとえばエーエム・ピーエム・ジャパンは2007年4月10日、健康や環境面に配慮した活動を行う「カラダにキブンにイイコトクラブ」を発足しました。タレントの安田美沙子さんや料理研究科の藤野嘉子さんらをオピニオン・キャラクターに起用して商品開発や環境活動を展開しています。「カラダにキブンにイイコトクラブ」では、"おとなの食育"をテーマにおいしさとヘルシーさを兼ね備えた商品の開発に取り組んでいく。としています。また、社団法人日本歯科医師会や日本栄養士会などが後援する「よい歯と食育推進委員会」とも連携し、活動を推進していく予定だそうです。


現在はロハスやオーガニックブームもあり、食育にみられる健康食や食育レシピも浸透してきましたが、その反面、食生活が健康に不安を抱える人が増えています。乳幼児や、以前は糖尿病、高血圧などの生活習慣病の子どもが増え続けていることも事実です。とくに家庭での食育や食事習慣につい考えてみることは重要です。食育について学び実践することで自分や家族の健康を守るだけでなく社会全体の健康促進につながると思います。ぜひ食育に取り組み食育インストラクターを目指してみてください。

服部幸應先生の食育インストラクター養成講座

食育の指導といえばお掃除で有名な松居一代さんや医学博士の服部幸應先生が有名です。食育インストラクターの講座も開催されています。これらの食育講座は通信講座でも行われています。こうした食育の資格を取得する人も増えてきています。また食育をとりいれた給食をだす食区小学校、労働における水産給食科学、地産地消のおかずやごはん、食育白書にもとづいた食育指導を行う機関もあります。


2005年6月10日には「食育基本法」という法律も成立しました。しかし、「食育」と一口にいっても網羅する内容は本当に多岐にわたり、また「食育」の名のもとに実に多くの情報が氾濫しています。さらにこの「食育」に関しては文部科学省・厚生労働省・農林水産省と3省が合同で取り組んでいます。3省合同で同じテーマに取り組み食育指導士を育てることは非常に画期的、かつそれだけ大きな問題だということです。


食育への注目度、期待度は今後増すばかりだといえます。学校や病院、福祉施設、保育園、保健所、地方自治体、食品関連会社など、食育インストラクターの活躍の場は幅広くさまざまです。食育インストラクターは食育の普及・推進の一端を担う新しい力としての期待されています。ぜひあなたも食育を学び実践し、自ら健康になるとともにその知識を社会に還元していってはいかがでしょう。


服部幸應の食育インストラクター養成講座